トップページへCHINA TRADING CO.,LTD.
中華香辛料(花椒、辣椒、八角)
FUAJIAO/LAJIAO/BAJIAO

TOP取扱商品>中華香辛料

中華香辛料

中国四大料理の一つに数えられる四川料理ですが、つい最近までは本格的な四川料理は日本では食べられませんでした。それは四川料理に特有の麻・辣(マー・ラー)と呼ばれる痺れる味わいが、それまでの広東料理に代表される中華料理の甘い味に慣らされた日本人の味覚に合わないと考えられていたからです。

しかし、最近は日本でも本格的に現地の味を再現する中華料理店が出現したり、それを受け入れる消費者も増えてきたため、本場の香辛料の需要が日に日に高まってきています。

弊社では中華料理の香辛料のうち、特に需要の高い花椒(ファージャオ)辣椒(ラージャオ)八角(はっかく:スターアニス)桂皮(シナモン)など色々取り扱っております。本物の香りを是非お試し下さい。

この商品に関して問い合わせる(法人様のみの受付となります)この商品について問い合わせする

辛ブームなどにより日本でも段々と四川料理の本来の味付である、麻・辣(マー・ラー)を忠実に再現して提供する中華料理屋が増え、静かな四川料理ブームを起こしています。
従来日本には無かった麻(マー)という味付け、を作り出す香辛料が花椒(ファージャオ)です。花山椒と呼ばれることも有りますが、日本の山椒とは全くの別物です。四川料理はまず辛いと言うイメージが有りますが、本場四川ではただ辛いのではなく、辛さに厳密な区別があり、それが麻(マー)辣(ラー)です。四川料理では、必ずこの花椒が辣椒(ラージャオ:唐辛子)とともに使われています。
麻婆豆腐(まーぼーとうふ)や坦々麺(たんたんめん)も、最近では本場四川の味が、日本でも食べられるようになり、この花椒が入った痺れるものが一般にも浸透してきました。

花椒(花山椒) 花椒(ファージャオ)弊社オンラインショップにてご購入頂けます
Sichuan pepper

花椒(ファージャオ)は麻(マー)を意味する痺れる香辛料です。1つの果殻に2〜3粒の実がなり、熟すと赤い皮がはじけて花のようにみえることから花椒と呼ばれています。四川料理には欠かせない調味料で、四川麻婆豆腐や坦々麺の味は花椒で決まるともいわれています。

辣椒(鷹の爪) 辣椒(ラージャオ)鷹の爪 弊社オンラインショップにてご購入頂けます
Chili Pepper

辣椒(ラージャオ)は唐辛子のことです。本場中国の唐辛子は鮮烈な辣味の中にも香りや甘味と言った要素が複雑に絡み合い、軽く火を通しただけで空気中に辛味成分が漂いだし、目が痛くなるほどです。唐辛子の辛味成分はカプサイシンとよばれ、発汗作用を促し、体脂肪を燃焼させ、肥満の防止に役立つと言う報道がなされたため、一時期ブームにもなりました。

辣椒(輪切り) 弊社オンラインショップにてご購入頂けます
Chili Pepper Slice

辣椒(ラージャオ)をスライスして輪切りにした商品です。本場中国の唐辛子は鮮烈な辣味の中にも香りや甘味と言った要素が複雑に絡み合い、ただ辛いだけの唐辛子とは一線を画します。軽く火を通しただけで空気中に辛味成分が漂いだし、目が痛くなるほどです。

桂皮(シナモン) 弊社オンラインショップにてご購入頂けます
Cinnamon

桂皮(シナモン)はシナモンの樹皮を剥がして乾燥させた香辛料です。桂皮、ニッキなどとも呼ばれます。中華料理では肉を煮込む際に一緒に入れて香り付けをします。また粉にして製果製パンにも使用されます。

八角(スターアニス) 八角(はっかく)弊社オンラインショップにてご購入頂けます
Star Anis

八角(はっかく)は中国原産のシキミ科の果実を乾燥させた香辛料です。茴香(はっかくういきょう)とも呼ばれ、英名ではスターアニスと呼ばれます。実の形は八つの角を持つ星形をしていて、アニスやウイキョウに似た良い香りがあるためこれらの名がついています。主に中華料理に使われ、他のスパイスと混ぜて「五香粉」としても使われます。ほんの少量で味付けが中華風になります。

取扱い商品一覧へBack


当ページで使用されている画像および文書の版権は全て弊社に帰属します Copyright.(C)2013 中国貿易公司 All Rights Reserved